東京・神奈川・埼玉・千葉の医師の転職|エージェントおススメTOP3

産業医としての働く

hea

産業医と言えば、その他の通り企業で働く従業員の健康管理を行うのが役割です。

 

最近では、過労な過度な残業による自殺などで労災認定されたり、裁判のニュースなどを目にすることも増え、世の中では働き方を見直す動きが出ています。

 

政府も過度な残業や労働時間を削減し、過労死を減らすために国を挙げて取り組みを進めており、今後、ますます産業医のニーズは増えていくことと予想されます。

参考:厚生労働省「平成28年度版 過労死等防止対策白書

 

 

産業医の需要は今後高まる。本社が多い東京・神奈川はさらに需要が高い

 

今後、産業医のニーズはより高まっていくことは十分に予想されます。また東京・神奈川といった大手企業を中心とした本社が多い地域では、なおのこと産業医のニーズは高まるでしょう。

 

産業医は50名以上の労働者がいる事業所に1人以上、3,001人以上の事業所については2人以上の選任が義務付けられています。

 

「労働者数50名以上」事業所は国内に約16万4000あるとされており、今後、ますます産業医のニーズは高まっていくはずですが、まだ過労死を減らすための国を挙げての取り組みが進んでいるとはいえません。

 

 

そのため今後、求人が増えてくることは十分に予想されていても、まだまだ求人は多くないのが現状です。

 

 

産業医として働くメリットは勤務形態、しかし狭き門

産業医として働く場合、主な働き方は2つあります。1つは「専属」、もう一つは「嘱託」です。

 

「専属産業医」は、その名の通り、企業に専属として属し、組織の一員として従業員の健康管理を行います。そのため、勤務時間は企業の業務時間内となり、オフィスワークであれば9時〜17時を中心とした勤務になるのがほとんどでしょう。

 

もちろんオフィスワークの企業であれば、当直などもなく日中のみの勤務となります。さらに、仕事内容としては従業員の健康管理がメインであるため、ハードな業務もほとんどなく、当直を避けたいと考える医師や子育て中の女性医師などにも働きやすい環境になります。

 

そのため東京都であれば23区内のオフィスワーク系の企業の産業医求人は非常に人気が高く、当然狭き門となっています。

 

こういった都内のオフィスワーク企業での産業医の求人の情報はほとんど表に出てくることはなく、医師専門の転職サイトなどでも応募が殺到してしまうため、非公開求人として扱っているところが多いようです。

 

同じ東京都であれば23区外にある工場などで働く産業医求人の方が、オフィスワーク系企業の産業医求人よりも競走倍率は低いようですが、それでもこちらも非公開のところが多くなっています。

 

 

「嘱託専門医」は、企業と契約し、職場巡回や面接を行うのがメインの仕事となります。現在、産業医の多くは嘱託で働いており、勤務医や開業医が従来の業務と兼務しながら職務を担っていることが多く、多くが週に1〜2回の勤務となっており、空いている時間を利用して働く医師が多いようです。

 

 

産業医の給与と業務内容

産業医の給与は当然「専属産業医」「嘱託産業医」で異なります。

 

専属産業医の場合:相場としては年収1500万円前後となっています。外来診療から職員の健康診断など、業務は幅広いものの、日中のみの勤務で年収1500万円前後ということもあり、非常に人気があります。

 

また企業によっては、相場を大きく上回る給与条件を設定しているところがあったり、統括産業医として働くとなれば、はさらに年収アップも期待できます。

 

嘱託産業医の場合:週1〜2回の勤務で、1回当たり3万円前後の報酬が相場のようです。1回当たりに対応する人数によってはそれ以上になることもあります。

 

業務内容としては、いずれも「健康診断関連の業務」「健康相談・保険指導の実施」「職場巡視」などとなっています(厚生労働省:「労働安全衛生基本調査(2010年)」)。

 

近年では生活習慣病の予防のための「健康教室」、またうつ病や自殺などの「メンタルヘルス」、過重労働に関する「健康問題」へのかかわりが重要視されています。

 

2006年にっは産業医の「過重労働者面談」が義務化、2015年12月からは労働安全衛生法の一部改正を受けて、ストレスチェック制度も義務化され、産業医の業務の一つとなりました。

 

 

 

こういった現状からも「専属産業医」の求人が出てきても競争が激しくなる要因となっています。

 

 

産業医を目指すには、一般企業との取引がある大手企業が良いでしょう。ランキングにも掲載していますが、リクルートドクターズキャリアマイナビDOCTORは、それぞれリクルート、マイナビグループとして一般の社会人向けの転職サイトや転職エージェントサービスを持っており、企業との太いパイプがあるため、非常におススメです。

 



【求人数】

常勤  :12,665件 非常勤: 6,060件  (2017年9月現在)

【拠点】

東京・名古屋・大阪・福岡

【おススメ地域】

全国

【評価】

医師,転職,求人,ランキング,比較,


リクルートグループだからこその圧倒的な認知度の高さ、そして求人開拓力と提案力。
ともに高い力を持つからこそ、エムスリーキャリアや医師転職ドットコムと合わせて登録しておいていただきたい1社です。


リクルートグループは社内での研修体制なども充実しており、一人ひとりのエージェントの力量の高さ、組織力の強さには定評があります。


そのため、あらゆる働き方だったり希望の条件に合う求人を見つけてもらえるはず。


さらに、一般企業とのつながりも強く、大規模病院やクリニックの求人だけでなく、産業医案件まで幅広い求人を開拓できる営業力の高さが、常に1万件という常勤求人に繋がっているのです。


あらゆる規模の病院や施設、そして企業とのパイプを持ち、一人ひとりのエージェントが高い提案力を持つリクルートグループだからこそ、希望に合う求人はもちろん、気づかなかった可能性やライフスタイルに合わせた働き方の提案も期待できるでしょう。



 

 

 


hea


【求人数】
常勤  :10,449件 非常勤: 8,820件 スポット:499件
(2017年9月現在)
【拠点】
北海道・埼玉・千葉・千葉船橋・東京・神奈川・名古屋・京都・大阪・兵庫・広島・岡山・福岡

【評価】
医師,転職,求人,ランキング,比較,


一般企業の採用、転職のサポートも行っているマイナビグループだからこそ、産業医求人なども非常の多く保有しています。


また営業力や提案力も定評があり、特に首都圏が強い医師向けの転職サイト・転職エージェント
です。


もちろん「年収アップ」や「症例数を増やしたい」、「もう少しゆっくり働きたい」など、それぞれの医師の要望に応じた求人紹介が可能です。


東京・神奈川・千葉・埼玉といった関東圏にお住いの医師には、ぜひ登録しておいていただきたい1社です!






 

 

これにあわせて医師向けの求人を多く持っている転職サイトを1〜2社利用すると、ある程度の産業医案件は見つけることが出来るはずです。

 


hea


【求人数】

常勤:13,931件  非常勤:5,057件  (2017年9月現在)

【拠点】

東京

【おススメ地域】

全国

【評価】


25万人以上の医師が利用するポータルサイト「m3.com」を運営するエムスリーグループの医師専門転職サイト(人材紹介)。そのため年間1万人の医師が利用する転職サイトです。5年連続で転職を考える医師の登録が1位となっています。


エムスリーグループ全体であらゆる医療系サービスを展開しているため、独自の情報収集力、条件交渉に定評があります。拠点が東京のみとなっていますが、関東だけでなく全国各に地区ごとの担当者がいるため、どの地区に在住していても安心して登録できる登録必須の1社です。



 

 

hea

 

 

 

産業医になるための要件

 

産業医となるための要件としては、
・医師であること
・労働者の健康管理等を行うのに必要な医学に関する知識について厚生労働省令で定める要件を備えていること
(労働安全衛生法第13条第2項)。

 

 

具体的には、以下のとおり規定されています(労働安全衛生規則第14条第2項)。
労働者の健康管理等を行うのに必要な医学に関する知識についての研修(※)を修了した者

 

(※)@日本医師会の産業医学基礎研修、A 産業医科大学の産業医学基本講座が該当します。

 

産業医の養成等を行うことを目的とする医学の正規の課程を設置している産業医科大学その他の大学であってその大学が定める実習を履修したもの
・労働衛生コンサルタント試験に合格した者で、その試験の区分が保健衛生であるもの
・学校教育法による大学において労働衛生に関する科目を担当する教授、准教授又は講師の職にあり、又はあった者
・その他厚生労働大臣が定める者(現在、定められている者はありません。)

 

産業医研修受講方法

 

産業医研修の受講と単位数

産業医の要件を確保するための産業医研修を受ける場合、日本医師会認定産業医制度に基づく基礎研修会を受講する必要があります。

 

基礎研修会前期研修と基礎研修会(実地研修)、後期研修があり、それぞれに必要な単位数以上を取得することが必要です。
産業医研修の開催案内に示される取得できる単位の種類、単位数を確認して申込みと受講する必要があります。

 

前期研修:14単位以上
基礎研修会(実地研修):10単位以上
後期研修:26単位以上

 

(1単位:60分)

 

合計50単位以上

 

上記の単位を取得することにより、日本医師会認定産業医制度に基づく「認定産業医 」の資格が得られ、同時に法令に定める産業医の要件を備えたことになります。

 

 

通常、1日の産業医研修で取得できるのは1〜数単位がほとんどですが、産業医科大学(福岡県北九州市)をはじめ一部の大学医師会では、6日間程度で50単位を一括して取得できる研修会も開催しています。

 

更新が必要な認定産業医

「認定産業医」には、更新制度があります。5 年間で20単位(更新研修1単位以上、実地研修1単位以上、専門研修1単位以上)を取得することで更新されます
産業医学振興財団主催の講習会はこちら)。

 

 

産業医研修の告知

産業医研修は、以下で告知が行われており、所定の手続きをもって受講することが可能です。

日本医師会雑誌:毎月2回発行されており、原則として偶数月の15日号に、2〜3か月後までに開催される産業医研修の案内が掲載されます。

日本医師会ホームページ

都道府県医師会報:医師会により掲載の有無、掲載方法等が異なります。会報とは別に産業医研修情報の冊子を作成し、配布している医師会もあります。

都道府県医師会ホームページ

(公財)産業医学振興財団ホームページ:産業医学振興財団が開催する産業医研修の案内を掲載しています。

 ※(公財)産業医学振興財団ではメールマガジンでの告知も行っています。配信申込はこちら

産業医学ジャーナル(年6回発行):(公財)産業医学振興財団が開催する産業医研修の案内を掲載しています。

 

都道府県産業保健総合支援ホームページ、情報誌によって単位取得の有無・その種類と単位数について確認のうえ、申込み・受講が必要です。

 

 

 

hea