東京・神奈川・埼玉・千葉の医師の転職|エージェントおススメTOP3

東京の医師の求人状況と転職市場

hea

首都圏でもある東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県は他の地域と比べると医師の求人数の多さ、転職環境など比較的充実してはいるものの、それぞれの都県で見ていくと、首都圏内でも大きく事情が異なります。
ここでは東京の医師の求人状況や転職市場の動向について解説していきます。

 

東京都の医師の転職市場

 

東京都の医師転職市場環境
・医療施設の従事者数:40,769名(全国1位)
・人口10万人対医師数:304.5人(全国2位)
・病院:650施設(全国1位)
・クリニック数:13,005施設(全国1位)
・医師の平均給与:902万(全国43位) 

 

※参照資料については、こちらにまとめてあります。

 

 

東京都の医師の転職市場は活発

 

東京都の医師の転職市場の特徴と言えば、病院とクリニックの圧倒的な数の多さです。

 

東京都には赤十字病院やがんセンター、済生会病院、都立駒込病院、都立墨東病院、都立広尾病院、聖路加国際病院、虎の門病院など、研究・臨床において日本の医療をリードする病院が多くあります。
また中央医科グループや徳洲会といった民間病院グループも都内全域にあり、急性期医療から回復期リハビリテーション、慢性期、老健などのあらゆる施設が、ほとんど都内に設置されています。

 

東京都の病院の65%が23区内にありますが、一方、23区外の都下エリアは大学関連病院も少なく、都立病院や国公立病院立を中心に、数多くの民間病院が地域の急性期医療を支えている状況です。
また、23区外は療養病床や精神病床を持つ医療機関が多いのもこのエリアの特徴です。

 

 

東京都はクリニック・病院ともに全国1位と多いわけですからは、それだけ医師の求人もあることになります。転職市場としては活発な状況にあると言っていいでしょう。

 

hea

 

東京都の医師平均給与は全国43位

 

しかし、一方で全国的に低いデータがあるのも東京都の特徴です。それは何かというと、「医師の平均給与」。実は東京都の医師の平均給与は902万と全国の47都道府県の中で43番目と圧倒的な低さとなっています。

 

実は、これには2つ理由があります。1つは若手医師の多さ、もう一つが求人を出す病院と転職を希望する医師の需要と供給の関係です。

 

医師を育成する医学部は東京都には都内に東大をはじめ東京医科歯科大学、慶応、東京慈恵会医科大学など10を超える医学部が設置されています。
東京都の医学部の設置数は他県よりも圧倒的に多いわけですが、それらの大学を卒業した医師のほとんどが都内で勤務します。

 

そのため東京都は若手の医師が多く、これが医師の平均給与を下げている要因になっているのです。

 

また、研修医としてのキャリアを積み、それぞれの今後のキャリアを考えたときに、それぞれの希望のキャリアを実現出来そうな求人も東京には多くあります。
一方、病院側も高くない給料で医師を採用できてしまうため、給与面を手厚くして医師を採用する必要がなくなります。

 

これら2つが、平均年収を押し下げている要因になっています。

 

さらに、ある程度キャリアを積んだ医師の採用に関しても、医師の人数が全国1位と多いため、やはり給与条件を他の道府県より大幅に高くしなくても採用できてしまうという状況にあります。

 

 

 

では、東京で給与面を条件として転職を考えると、なかなか難しいのか?となってしまいそうですが、そうではありません。

 

 

逆に東京だからこそ、より良い条件で働ける可能性も高いのです。

 

↓↓東京の医師におススメの医師転職サイト(エージェント)はこちら↓↓

 

hea

 

東京は医師の転職求人が豊富だから、あらゆる働き方が可能

 

平均給与だけで見れば、東京都は全国的に魅力がないようにも感じてしまいますが、求人の種類は豊富です。常勤から非常勤、臨床求人だけでなく研究求人だってあります。
さらに、一般企業も多く、大手企業においては本社が集中しているのも東京です。

 

そのため当直がない産業医求人や健診求人などの案件も豊富にあります。

 

これらを組み合わせることで、例えば当直がない日中だけ勤務する、もしくは当直の回数を大きく減らし、勤務時間を減らしながらもある程度の年収をキープすることができるのです。

 

 

そして、確かに東京都の医師の平均給与のデータだけ見ると高くはありませんが、これは先述の通り若手医師が多いという理由があります。
しかし、ある程度経験を積んだ医師であれば、もちろんそれなりの条件が出てます。医師の供給が安定的だからと、安い給料を出しても物価水準も地方と比べれば高い東京です。応募者が集まるわけありません。、

 

 

 

そして常勤から非常勤、臨床から研究・産業医まであらゆる種類の医師の求人があるからこそ、他県ではできない自分のキャリアやライフプランに合わせた働き方もできるのです。

 

「専門性を高めるために経験を積みたい」
「当直を減らしたい」
「(結婚や出産、子育てなどで)プライベートに時間をさけるようにしたい」
など、あらゆる希望に合わせた働き方が出来るでしょう。

 

ただし、医師の供給はやはり安定的にあるわけですから、その分、求人が出てきてもすぐに採用が決まりやすいというのもあります。

 

転職を考えるのであれば、出来るだけ早めに動き、気に入った求人が他の医師に取られないようにすることが大切でしょう。

 

東京の医師の転職について
@求人の数・種類ともに豊富。キャリアプランやライフプランにあわせた働き方が可能
A求人は多いが、転職を考える医師も多い。求人がなくなる前に早く動き出すことも大切。
B当直を減らしたい、少しゆっくり働きたい場合、23区外も狙い目

 

東京で転職活動を始める場合、求人が多いからこそ、ある医師専門の転職サイト(転職エージェント・職業紹介)に掲載されている求人が、他の転職サイト(転職エージェント・職業紹介)には掲載されていないなんてケースも良くあります。
また求人が多すぎるため、働きながら希望の求人を探すのも非常に大変です。

 

効率的かつ効果的な転職活動にするためには、医師専門の転職サイト(転職エージェント・職業紹介)に複数登録し、それぞれに希望の条件をしっかりと伝え、エージェントに希望に合致した求人を絞り込んでもらってから、求人の紹介を受けるようにしましょう。
医師専門の転職サイト(転職エージェント・職業紹介)には、複数登録しておくことがポイントです。

 

↓↓東京の医師におススメの医師転職サイト(エージェント)はこちら↓↓

 

hea