東京・神奈川・埼玉・千葉の医師の転職|エージェントおススメTOP3

千葉の医師の求人状況と転職市場

hea

首都圏でもある東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県は他の地域と比べると医師の求人数の多さ、転職環境など比較的充実してはいるものの、それぞれの都県で見ていくと、首都圏内でも大きく事情が異なります。
ここでは千葉県の医師の求人状況や転職市場の動向について解説していきます。

 

千葉県の医師の転職市場

 

千葉県の医師転職市場環境
・医療施設の従事者数:11,337人
・人口10万人対医師数:182.9人(全国45位)
・平均年収:1,388万円(全国17位)
・病院数:286施設
・クリニック数:3,768施設

 

※参照資料については、こちらにまとめてあります。

 

千葉県内で大きく異なる転職市場。地域によって活発度合いに大きな差が

 

千葉県は埼玉県同様、人口10万人対医師数が182.9人と全国平均233.6人を大きくしたまわり、47都道府県の中で45番目に低い水準です。

 

三方を海に囲まれ、県土の大部分が房総半島に含まれる千葉県は9つの保健医療圏(千葉、東葛南部、東葛北部、印旛、香取海匝、山武長生夷隅、安房、君津、市原)があり、その地域ごとでの医師数に大きな開きがあります。
例えば人口10万人対医師数で見ると、安房の435.3人に対し、最少は山武長生夷隅の108.7人と地域差が非常に大きなくなっています。

 

そのため、医師が少ない地区での医師確保に千葉県が積極的に取り組んでいます。千葉大附属病院では、病院内に医師キャリアアップ・就職支援センターを設置し、後期研修医を中心に幅広く医師を確保する活動を実するなど、地域間の格差や医師不足の解消に力を入れていますが、これまで、医学部が千葉大にしかなかったこともあり、東京都の大学からも医師の派遣が多く見られ、大学医局の影響が色濃いのも特徴です。特に南部は千葉大学、東京女子医科大学、東葛北部は東京慈恵会医科大学、日本医科大学の医局の影響が色濃いようです。

 

また国際医療福祉大学の医学部が2016年8月31日に設置認可を受け、2017年4月より1期生が入学したことから、今後、都内の大学の医局の影響は変わってくる可能性はあります。

 

 

 

さらに医療機関の数に目を移すと、県内の病院数は286施設、クリニックは3,768施設となっており、これは東京・神奈川・埼玉・千葉の4都県の中で最も少ない数です。対10万人医師数同様、地域間でお施設数の差も大きく、保健医療圏単位で人口10万対施設数を比較してみると、最多が安房の12.0施設、最少が東葛南部の3.5施設となっています。

 

このことからも、千葉大があり、東京女子医科大学から医師が派遣されている千葉医療圏や亀田総合病院(鴨川市)のある安房医療圏では医師、医療施設は千葉県の中では充実していますが、それ以外の地域では医師、医療機関ともに不足感が強いことがわかります。
そのため、千葉県では広い範囲において医師求人は活発。年収も全国平均より高めとなっています。 そのため、医師を採用するだけでなく長期的な雇用を、特に医師や施設が少ない地域は課題となっています。

 

 

↓↓千葉在住の医師におススメの医師転職サイト(エージェント)はこちら↓↓

 

hea

 

 

 

 

 

医師確保のために医師の希望がかなり通りやすい

 

保健医療圏による差があるものの、そもそも人口10万人対医師数が全国45位となる182.9人であることから、医師の採用、長期の雇用は県全体で取り組んでいる問題です。
そのため、千葉県で長く医師に働いてもらうために、給与条件も平均年収で1388万円と全国平均より高くなっています。

 

また週4日勤務、当直なしなどの求人が多いだけでなく、条件面での相談にも融通が利きやすいという特徴があります。これは医師を長期で雇用していきたいという病院が少しでも良い条件を提示し、医師を確保しておきたいということの表れですが、他にも千葉県で勤務するメリットがあります。

 

それは地域によりますが、医師や病院・施設数が少ないことから、その地域で勤務すれば幅広い経験を積むことが出来るということです。
千葉県内では、休診している診療科や病棟を一から再開して作り上げていきたいという医療機関も比較的多くあります。

 

そのため裁量や役職を求める医師も向いていますし、総合診療の知識技術を身につけたい、将来的に開業を考え、マネジメント力や幅広い医師としての知識や技術を身におきたいと考える医師にも向いている環境といえるでしょう。

 

hea

 

  • 自分の好きな働き方をしたい
  • 良い条件の病院・クリニックに移りたい
  • 将来の開業を目指し、経験を積みたい

 

こういった考えを持つ医師は千葉県での転職を検討してみてもいいかもしれません。

 

↓↓千葉在住の医師におススメの医師転職サイト(エージェント)はこちら↓↓

 

hea