東京・神奈川・埼玉・千葉の医師の転職|エージェントおススメTOP5

東京・神奈川・埼玉・千葉在住の医師におススメの転職とは?

hea

  • 求人や給与条件を知りたい、見てみたい
  • 今の職場環境に不満があり転職を考えている
  •  

    今の環境への不満であれば、例えば

  • 医局の人間関係から解放されたい
  • 家族のため、子供のためにプライベートの時間を確保したい
  • 当直を減らしたい
  • 地方の病院に派遣されそう
  • 労働時間をもっと短くしたい<
  • 収入を上げたい
  • もっと症例数をこなし、専門性を高めたい
  • など

 

こういった理由、もしくは他の理由などから転職を検討している医師も多いと思います。

 

 

そこで、ぜひ転職を考えて言う医師に利用してほしいのが、「医師専門の転職サイト(転職エージェント・職業紹介)」です。医師を採用したい病院やクリニックと転職したい医師の橋渡しをしてくれる心強いサービスです。

 

hea

 

医師の採用・転職に特化しているからこそ、給与条件や仕事内容など求人票の載っている雇用条件だけでなく、病院やクリニックの雰囲気であったり、医師を採用しようとしている背景など求人票に載らない情報や転職市場などの情報にも精通した転職エージェントが転職をサポートしてくれます。

 

 

少し前までは医局の紹介だったり、知人の紹介だったり医事新報などの医師専門の情報誌などで転職する医師も多かったものの、今ではこういった「医師専門の転職サイト(転職エージェント・職業紹介)」を利用する医師が大きく増えています。

 

 

実際に、最近転職した医師はどのような方法で転職したのかを見ていきたいと思います。

 

hea

 

こちらは厚生労働省が実施した「職業紹介事業に関するアンケート調査」(平成25年12月実施)です。

 

有効な回答が得られた求人企業852事業所(有効回収率8.5%)のうち、業種は「病院・診療所・福祉施設」と回答した164事業所の回答を集計したもの。
サンプル調査であり、網羅的な調査ではないことに留意。詳細な結果は、厚生労働省のホームページをご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000049528.html

 

グラフだけ見ると、医局や関係機関からの紹介が最も多く、次いで民間職業紹介事業者(転職エージェント)となっていますが、4番目のインターネットの求人情報サイト(転職サイト)も、最近では転職エージェントである民間職業紹介事業者が運営していることがほとんどです。

 

実質的には転職サイト(転職エージェント)を利用する医師が最も多くなっていると考えて良いでしょう。

 

 

hea


医師の転職方法のメリット・デメリットまとめ

hea

医師が転職活動を始める場合、それぞれの転職方法について、このようなメリット・デメリットがあります。

 

医局や関係機関からの紹介

 

メリット:
@転職先に影響のある医局や関係機関からの紹介であるため、転職が実現しやすい。

 

デメリット:
@医局との関係が続く
 特に人間関係で転職を考えている医師には、転職先も医局や関係機関の影響力があり、同じように悩む可能性がある。
A転職先が合わないと感じても、紹介で転職した以上、なかなか辞めて次に移るというのが難しい
B転職先の情報が転職前に入手できても、紹介であるため偏った情報の可能性がある。

 

 

直接応募

 

メリット:
人間関係などで悩むことはあまりない。新たな環境でと気持ちもリセットして働きやすい。

 

デメリット:
@勤務条件や条件交渉など自分で行う必要がある。
A面接の日程調整が難しい場合がある。
B転職先の雰囲気や状況など情報が少ないままで転職しなければいけない。
 実際に働いてみて、「思っていたのと違う」と、再び転職を考えるケースも多い。

 

職員の紹介・縁故

 

メリット:
@医局や関係機関からの紹介同様、紹介であるため転職の実現性は高い。

 

デメリット:
@こちらも医局や関係機関からの紹介同様に、紹介してくれた人がいる以上、「合わない」と感じても辞めにくい
A転職先の情報が転職前に入手できても、紹介であるため偏った情報の可能性がある。

 

 

医師専門の転職サイト(転職エージェント・職業紹介)

 

メリット:
@申し込みすぐから転職サポートのプロに相談でき、アドバイスも受けられる。
A転職先の雰囲気や求人が出た背景も転職前に入手しやすい。
 しかも転職専門の会社が持つ情報であるため、転職を考える医師にとって必要な情報が多い。
B面接日程の調整も行ってもらえるため、働きながら転職活動を進めることも可能。
C勤務条件や給与交渉も行ってもらえる。
D医局の影響等関係なく、あらゆる求人を保有。場合によっては経験に合わせて求人を創り出すこともある。
E退職交渉のアドバイスなども受けられる。
F転職のパートナーとして動いてくれるので、目の前の患者様や論文作成など目の前の仕事に集中できる。

 

デメリット:
@採用する転職先が求める経験・基準に満たなければ求人の紹介を受けられない場合もある。
A内定して悩んだ場合、転職を強く勧められることもある。

 

 

この中で、医師の転職で最もおススメなのは「医師専門の転職サイト(転職エージェント・職業紹介)」を利用することです。

 

メリットにも記載している通り、

 

プロのアドバイスが受けられる。

転職先の情報(職場の雰囲気・採用の背景等)を教えてもらえる。

面接や勤務条件・給与条件の交渉も行ってくれる。

退職交渉のアドバイスが受けられる。

面倒な交渉事や求人探しは任せて仕事に集中できる。

 

などがありますが、こういったサポートが無料で受けられるというのも大きなメリットでしょう。

 

 

そして、関東在住の、特に東京・神奈川・埼玉・千葉にお住いの医師が転職を考えた時に、「医師専門の転職サイト(転職エージェント・職業紹介)」をおススメするのは、もう一つの大きな理由があります。

 

 

それは求人の「数の多さ、種類の多さ」に、個人では対応できないからです。

 

 

転職を考えるのであれば、次の転職先にはもちろんベターではなくベストな転職先を求めたいもの。出来る限り妥協もしたくないものです。
しかし、医療機関の数や求人も多い東京・神奈川・埼玉・千葉の関東圏で、ベストな求人を探すのも大変です。

 

例えば、東京の場合

 

東京都の医師の転職市場

DATA
・医療施設の従事者数:40,769名(全国1位)
・人口10万人対医師数:304.5人(全国2位)
・平均年収:902万人(全国43位)
・病院:650施設(全国1位)
・クリニック数:13,005施設(全国1位)
・医師の平均給与:902万(全国43位)

 

当サイトおススメの転職サイト厳選3社の東京都の医師求人数:700〜2,400件(常勤のみ)

 

これだけの求人から自分が勤務したい1つの求人を見つけなければいけません。

 

さらに上場企業や大手企業の本社が多い東京・神奈川・埼玉・千葉などであれば、医療機関の求人だけではなく、産業医の求人や健診などの求人も多くあります。
こういった企業が持つ医師採用の求人は、なかなか知人や医局の紹介では見つかりにくいものです。

 

 

もし夜勤や当直を減らしたいと考えている医師だったり、結婚や子どものことを考えて転職を考えている女性医師やママさん医師などにとっては、こういった産業医案件というのは魅力的な求人の一つでしょう。

 

このような求人は企業が持っているからこそ、「医師専門の転職サイト(転職エージェント・職業紹介)」に出やすかったりします。

 

だからこそ、東京・神奈川・埼玉・千葉の関東圏で医師が転職を考えるのであれば、迷わず「医師専門の転職サイト(転職エージェント・職業紹介)」を利用していただきたいのです。

 

プロのサポートを受け、自分の医師としてのキャリアやプライベート、ライフプランがより充実できる転職先を見つけてください。

 

hea

 

 

東京・神奈川・埼玉・千葉を含む全国の医師専門の転職サイト(転職エージェント・職業紹介)ランキングを見たい方はこちら